僕はエロサイトでスカトロ動画を見て触発され、浣腸動画や飲尿、食糞動画を見ながらオナニーばかりしていました。そして、しまいには一人で浣腸したりオシッコを飲んだりなど、まさに変態でした。当然行動はエスカレートして、自分のスカトロを女の人に見てほしいと思うようになり、深夜に学校に忍び込んで女子の体操服を尿びたしにしたり、かわいい子の自転車のかごにウンコしたりなどの奇行にもはしりました(笑)

そして次のステップへ進み、公園で低学年くらいの女の子に立ちションを見せたりするようになり、ついにはオシッコ、ウンコを見てもらいたいと思うようになりました。そして今日は実行してやろうと私は紙コップを片手に公園をまわり、害のなさそうな小●生を探しました。かれこれ一時間くらい徘徊したでしょうか。やっと女の子だけで遊んでる二人組を公園で発見しました。女の子は2,3年生くらいで3人で円になって土遊びをしていました。私は周りを見渡し大人がいないのを確認して、女の子らの横にすわって話しかけました。

「オシッコ飲むとこ見てくれない?」と言うと、三人は座ったまま顔を見合わせ「おえ~~」とにんまり笑いました。僕が中●生という事もあってあまり警戒する様子もなく、いけると思った私は立ち上がり、紙コップにオシッコしました。一人は怖がってうつむいて見ませんでしたが、二人はガン見でした。もう一人にも見てほしかったですが焦りもあり諦めました。出し終わった私はガン見している二人に紙コップに入ったオシッコを見せたあと、いっきに飲み干して空になったコップを見せつけました。二人の顔は少し蒼白になってましたが、無言で顔を見合わせ半笑いという感じでした。ここで逃げるだろうなと思ったのですが、以外にも三人は無言で座ったままでした。タイミングを逃したみたいです。

私はここで意を決して食糞も見せてやろうと決意しました。食糞は見せるのは当然初ですが、それ以前にまず自分が初体験でした。まあ自分のならイケるだろうと、草むらにそそくさと移動してフンッ!と紙コップにウンコをしました。女の子はコソコソ話をしているようです。いつ逃げるか話し合ってたんでしょう。私がコップを持って近づくと三人はまた下を向いてうつむきました。僕が「ほら、俺のウンコ」とコップのウンコを見せると、さっきの二人がこちらを見ました。私はコップのウンコを指でつまみゆっくりと見せつけながら口に運び、もぐもぐ噛みました。二人はガン見です。しかし、おもった10倍くらいウンコが苦く、とても食えませんでした。(笑)もう一回その二人に口の中のウンコを見せて、僕は走り出しました。そして離れてから吐き出し、もう一度公園に戻ると女の子たちは走って逃げていきました。

当サイトにて紹介している 画像等 につきましては、広告を引用しております。
※詳しくは当サイト観覧の注意とお願い|免責事項の注意に記載※

DUGA

【おすすめM男向け作品リンク】

素人女子崇拝倶楽部

おすすめの記事